24とタッチ

0
    こんにちは。受付の池田です。

    今さらながら、最近 「24 ~TWENTY FOUR~」 ・・・
    ひと昔前に一世を風靡?した海外ドラマを今初めて見ています。

    …やっぱり面白い
    モノマネで有名になった「〜すまないと思っている」
    みたいなセリフ、本当にあるし
    (あえて吹き替えで見ているので)

    ドラマの進み具合と実際の時間の経過の長さが同じなので、
    今はシーズン1、深夜0時スタートの朝7時台ですが。。
    一晩が、一日が、長い長い

    ずーっとドキドキハラハラしっぱなし、
    誰が味方で誰が裏切り者かわからない展開。。
    …面白いけど、ちょっと疲れます。。

    そして、同時期にWOWOWでスタートした、
    同じくキーファー主演のドラマ、
    「TOUCH」 …これがまた面白い





    生まれてから一度も言葉を発したことのない失語症の息子と、
    キーファー演じるシングルパパの物語なんですが、
    この失語症の息子が発する、数字を使った謎のシグナルを
    キーファーがひも解いていく。。というちょっと不思議な物語です。

    息子には特別な能力があり、その数字のシグナルを解読できれば
    たくさんの人々が救われるような流れになっています。

    キーファーがなんとか息子の心を汲み取ろうと必死になって
    解読し、世界中の人々がそれぞれの居場所で救われて行くさまは
    「あ〜、そうもってくるかあ〜(感動)」
    …ていうか、これだけじゃどんな話なのかまったくわからないですよね…。

    まあ、賛否両論あるドラマかとは思いますが、私は好きだなあ。

    このドラマを観ていると、人と人とのつながりって、
    運命的であり、ちゃんと意味があって、
    本当に最初から決まっていることなのかも。。
    とか思っちゃいます。

    そう考えると、えとう眼科を受診してくださる患者さまも
    数ある眼科の中からえとう眼科を選んでくださったという事が
    実は運命的なことだったりして?!
    …話が大袈裟過ぎたかしら。。。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック